タダシップとの併用~サポニンとSSRI~

タダラフィルは、クエン酸シルデナフィル(バイアグラ)、バルデナフィル(レビトラ)に次いで、シアリスという商品名で日本で3番目に厚生労働省の製造販売承認を受け、臨床応用された勃起不全症(ED)治療薬です。
また、タダラフィルは、アドシルカという名前で肺動脈性肺高血圧症、ザルティアという名前で排尿障害の治療薬としても臨床応用されるようになり用途が広がっています。
シアリスは処方箋医薬品に分類され、医師の診察の上での処方がなければ、入手することができません。
そこで、海外の同一有効成分の製品を個人輸入して、より安価に手に入れる方もいらっしゃいます。
そのタダラフィルの海外製品の1つがタダシップです。

ここからはタダラフィルとサポニン、SSRIとの併用効果について解説します。
まずサポニンですが、これは高麗人参に多く含まれ、古くから精力剤として使用されてきました。
勃起不全症の方も精力剤として使用することがあるのではないでしょうか。
ただサポニンが勃起を引き起こす薬効があるとは認められていません。
ただ栄養剤にはなるので、これにより疲労がとれ、間接的に勃起が誘発されやすくなることはあるでしょう。
タダシップの効果を増強するとは考えられないですが、併用することは問題ありません。

続いて、SSRIに関してですが、これは早漏治療に効果があります。
SSRIはセロトニンの作用を増強することで感覚機能を低下させることがあります。
それにより亀頭の摩擦刺激を軽減し、早漏には効果的です。
ただ、SSRIは弱いながらも抗コリン作用を有しており、これにより血管が収縮しやすくなります。
よってタダシップの勃起効果を減弱する可能性はあります。
ただ併用しても問題はない薬です。